2018年04月

 
 
サントリー美術館ですばらしい器を見たので紹介いたします。
終わってしまった展覧会で恐縮ですが…

  「寛永の雅」サントリー美術館


 このパンフレットに写っている孔を開けた白い鉢。
会場に入るなりドキッとする存在感を放っていました。


 白釉 円孔 透鉢  野々村仁清

 展覧会のテーマである江戸寛永期の美術に沿う現代の前衛アーテイストの作品かと思いきや、野々村仁清の作品でした。
 鉢に穴をあしらう造作は江戸前期の乾山や道八にもあるようで「透かし鉢」と呼ぶそうです。でもそれらはあくまでも描いた絵を効果的に生かすための空間として孔を開けたもの。
ところがこの鉢はご覧の通りランダムにあけた孔そのものが主人公
 どうしてこれほどの創作を江戸前期という何百年も前に成し得たのでしょう。
オドロキです。



会場で見た時は、孔は片抜きではなく、竹ヘラ状の何かで手でくり抜いたように思われましたが、図録の解説では型抜きしているそうです。

 仁清と言えば思い浮かぶ作品は、派手な色絵や、色使いと幾何学的な面白さ


色絵 芥子文 茶壺      色絵 鱗波文 茶碗

または渋く


銹絵 富士山文 茶碗           白濁釉 象嵌 桜文茶碗 

 それから私が仁清を好きになったキッカケの作品

 色絵 武蔵野文 茶碗
  
といったところでしょうか。
このような作品を作っていた人が、どういうツナガリでこの白い鉢を「作ろう!」と思い至るのでしょうか。
現代のように溢れる映像や製品から刺激を受けることは出来ない、はるか昔に。

本日取り上げた仁清のうち茶碗と鉢はみな縁の部分は真円でなく不均等にズレています。上から見ても横から見ても。

特にこの白い透かし鉢は縁もシルエットも孔の開き方、配置もすべて不均衡
それで美しいのですから、天才はいるものだと思うばかりです。

 帰宅してから手持ちの図録を確認しましたら、2014年に出光美術館で開かれた
「仁清・乾山と京の工芸」展の展示作から仁清の透かし鉢を見つけました。


 白釉 菊花 七宝文 透彫 木瓜型鉢

 当時は友禅染の模様の参考としてしか仁清をみていなかったので、色絵物以外はスルー。記憶に残っていませんでした。今回再認識です。


展覧会ルポ | 05:17 PM | comments (x) | trackback (x)
バラの花束の訪問着
 地色は二種類のぼかし染め



ぼかし屋の染め風景紹介

仮絵羽仕立てした白生地に青花で下絵。
下絵のまわりにある線は……



 ぼかし屋では地色はぼかし染めするので「ぼかし当り」という作業が欠かせません。
下絵の背景に新花(しんか)という下描き用染料で「ぼかし線」を描いておくのです。
後ろに下がって遠目から具合を確認しながら線を描きます。
大きな絵画を描くように。

 ぼかし当りが済んだら仮絵羽を解き、反物の状態に戻し糸目糊で下絵をなぞります。



引き染め

   ※ ぼかし当り通りと分かりやすいよう実際より濃い画像になっています。

並べてぼかし当り通りに合い口で色がそろうか確認してから色挿しに進みます。



 バラの花束なので色のバランスに注意しながら、縫い目となるところを境に同じ色が続くように色を挿していきます。


 染めの作業が終了。洗いに出す前に並べて色の調子を確認。


蒸しや洗いが済んで糊が落ち、生地もピンとしました。
出来上がりです。(上前の裾模様)


淡い落ち着いた色合いの花束を目指しました。


ぼかし屋の作品紹介 | 01:01 PM | comments (x) | trackback (x)
 

ページのトップへ