2018年01月

 
 
長年見たかった屏風とやっと対面してきました。


 日月松鶴図屏風(室町時代)

 このように完全な形(六曲一双)で残っている屏風としては、とくに彩色画を描いた金屏風としてはおそらく一番古い作例で、ぜひ一度観たいと思いつつ、なかなか見られずにいたのでした。
 室町時代のいつなのかも作者も不明です。


 想像していたより色が美しく、重厚な松だけでなく、春を表わす右側にはタンポポやスミレ、ツツジが、秋を表わす左側には藪柑子やアシといった身近な植物も描かれていました。

 写真では暗くなってしまっていますが、マナヅルの羽根の色合いはエメラルドブルーからブルーグレー、グレーへのグラデーションでした。
 狩野派や長谷川等伯などが活躍した安土桃山期より古いのでしょう。
誰の注文で誰が描いたのでしょうか。

 この屏風の展示はもう終わりましたが、今はより著名な作品が展示されていますよ。


 雪松図屏風 円山応挙

場所はサントリー美術館、2/4まで


最後に、日本画ではあまり見かけない枇杷を描いた図を紹介!(^^)!
お目出度い図柄だそうです。


 枇杷寿帯図(清朝、乾隆帝時代)

展覧会ルポ | 11:24 PM | comments (x) | trackback (x)
長年見たかった屏風をやっと対面してきました。

日月松鶴図屏風(室町時代)
このように完全な形(六曲一双)で残っている屏風としては、とくに彩色画を描いた金屏風としてはおそらく一番古い作例です。室町時代のいつなのかも作者も不明です。
想像していたより色が美しく、重厚な松だけでなく、春を表わす右側にはタンポポやスミレ、ツツジが、秋を表わす左側には藪柑子やアシといった身近な植物も描かれていました。写真では暗くなってしまっていますが、マナヅルの羽根の色合いはブルーからグレーへのグラデーションでした。
狩野派や長谷川等伯などが活躍した安土桃山期より古いのでしょう。
誰の注文で誰が描いたのでしょうか。
この屏風の展示はもう終わりましたが、今はより著名な作品が展示されていますよ。
※ 雪松図屏風 円山応挙
場所はサントリー美術館、2/4まで。

日本画ではあまり見かけない枇杷を描いた図がありました。

枇杷寿帯図(清朝、乾隆帝時代)

展覧会ルポ | 11:22 PM | comments (x) | trackback (x)
   謹賀新年

 
今年もどうぞよろしくお願いいたします



新年のお楽しみ、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートをテレビで楽しみました。

 コンサートのテーマはイタリアで、楽友教会ホールはイタリアに因んだピンク主体の花で飾られたそうです。


 優雅なだけでなく、早いテンポの景気よい曲も多いのがこのコンサートの愉快なところです。シュトラウスが作曲した時代、オーストリアは戦争に負けることが多く打ちひしがれる人々を励まそうとたくさんの舞踊曲が作られたからだそうです。



 今回は特に子供時代の運動会の徒競走でれていたようなスタートピストルの流似合う曲が多い構成でした。「ウイリアムテルギャロップ」やポルカ「雷鳴と電光」など、跳びはねたくなるものでした!(^^)!

 皆様にとって今年もよい年でありますように。


ぼかし屋友禅染め風景より

季節の便り | 05:28 PM | comments (x) | trackback (x)
 

ページのトップへ