2020年01月

 
 
ぼかし染の「ぼかしあたり」

これまで幾度となく、着物の地色を染める「引き染め」の風景を紹介してきましたが、今日は引き染めの前準備である「ぼかしあたり」をご覧ください。



せっかくの白い生地に何やら無粋な線や印がたくさん…
この印が「ぼかしあたり」 いったい何のために?



「引き染め」は煮染め浸し染(甕で浸す藍染が有名)と違い、ピンと張った生地を染料を含ませた刷毛で染め付ける方法
引き染めの中には、一色で染めきる場合もありますが、ぼかし屋ではすべて2色以上に染め分けたり、濃淡をつけたりします。それを可能にするのが「ぼかし染」

ぼかし染に欠かせないのが、霧吹きで生地に吹き付ける水
染料は水の力で濃淡がつきます。刷毛はそれを助けるだけ。
長~い生地のどこに、どの程度の霧を吹くのか、刷毛を動かす位置はどこか、染める前にをつけておくのが「ぼかしあたり」です。


印に使うのは「新花」という液体で、水分にあたると見る見るうちに消えてしまいます。
そこで無粋ですが、しっかり印付けをして、霧吹きのあと、印が消えるまでに刷毛ぼかしを済ませなければなりません。地染の日は一日中勝負です(^^;)



印をたよりに染め終わったところです。
ね、印は消えてぼかし染になっていますよね!(^^)!

この作品の場合は、このあと小蘭散らしの模様染めへ進みます。

ぼかし屋の染め風景 | 11:33 AM | comments (x) | trackback (x)
   謹賀新年

昨年は、オリンピック出場国の一つ、モナコ公国をテーマにした振袖を作るという貴重な経験をいたしました。
全体を国旗と同じ赤白に染め分け、国の花カンパネラ、その向こうに王宮、そしてグレース公妃にちなんだ大輪のバラを散らせた図案を、東京手描き友禅の技法で染めました。


  下絵から染め上がりまでの染色作業風景





昨年中はことのほか多くの皆さまにお世話になりました。
ご注文くださったお客様はもちろん、デザインに合った生地を探して下さった白生地屋さん、珍しい色調を出すために相談にのって下さった材料屋さん、作業についてアドバイスして下さった先輩方、手助けして下さった方々、心よりお礼申し上げます。
今年も少しずつ前進してまいりたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

今年もこの「きものブログ」にて、ぼかし屋の作業風景や、広く着物や友禅についての話題を取り上げでまいりたいと思います。
モナコ公国の振袖の染めについても順次ご紹介いたします。

ブログ、ホームページには自動的にメールを送信できるお問合せ票がついております。
着物のご相談、ご注文だけでなく、ブログの感想など大歓迎です。
お気軽にご利用いただければ幸いです。

ぼかし屋友禅 宮崎桂子


お知らせ | 10:47 PM | comments (x) | trackback (x)
 

ページのトップへ