手描き友禅の後片付け、伸子の色抜き

 

これ、なぁ~んだ?


答え→ 洗った伸子針(しんしばり)を陽に干しているところ。

手描き友禅の着物の染め工程が一通り済み、一着が出来上がると、次作の準備をします。生地の準備、染料の補充などなど。
忘れてはいけないのが、道具の手入れ。
伸子針(しんしばり)は染めの作業をしやすく生地をピンと張らせる道具です。

竹の先に細い針がついています。

着物の地の色を染める「引き染め」

この作業で伸子針の先の方、生地に接している両端が染料で汚れ

そのまま次回に使うと、生地の端に点々と違う色が移ってしまいます。
そのため、ハイドロという粉末の抜染剤で煮て、染料を落として次に備えるのです。


給食でも作るかという大きなホーロー鍋で上下入れ替えながら煮込みます。
この鍋は染色用で材料屋さんで売っているものです。


色が抜けたら、よく水洗いしてハイドロの成分が竹に残らないようにします。残っていると、次の引き染めの時、生地にハイドロで色抜けした点々が出てしまします(^^;)

よく洗ったら水切りして陽に干すわけです。


冒頭の写真はこれを真上から写したもの。
何だか前衛アートのような写真になったのでした。

ぼかし屋では少なくとも三日は干して完全に乾燥させます。
そうでないと、保管中に竹がカビたりいたします。


ほらキレイになったでしょう。これで色移りの心配がなくなります。
熱湯で煮た間に曲がっていた竹が真っすぐにもどっています。これで次回もきれいに生地をピンと張ってくれることでしょう。



色抜きしてはまた使える伸子針ですが、作業中に折れてしまうこともあり、
長い目でみると消耗品です。作ってくれる職人さんが少なくなってしまい、材料となる竹の少ないそうで、価格も値上がり、貴重品となっています。大切にお手入れするから、


伸子針さん 何度も何度もがんばって!!
東京手描友禅の道具・作業 | 12:18 AM | comments (x) | trackback (x)

ページのトップへ